2raumwohnung : Kommt Zusammen Remix Album

 TobyのLaunch Party! Techno Flight 2.0の1曲目、Mit Viel Gluck (We Love It Mix By The F.Or.M)が、欲しいなぁと思って買いました。ミックスより、だいぶBPMが低めで驚きました。
 Sexy Girl (Sexy Boys Im Haus / Tiefschwarz Remix)、Lachen Und Weinen (Sun Electric Remix)も、良かったです。Sun Electricは、しばらく、ご無沙汰だったので、うれしかったです。
(2002、GoldRush)

Interference: Live At Love Parade ’94

 1995年にラブ・パレードに行きました。ラブ・パレードは、わ〜わ〜って感じなんですが、それで終わりかと思いきや、他のパーティーもバンバンあるわけです。Interferenceはマジメで本格的な感じのパーティーだと思います。それに行った時にオミヤゲな感じで買ったのが、このCDです。アンビエントです。どうやらライブらしいです。Thomas Fehlmannとか、Sun Electricがいい感じです。
(1995、Interference Records Berlin)

Sun Electric : Kitchen

 寒くなると、なぜかっていうか、やはりテクノ系のアンビエントが聞きたくなります。このアルバムはもうだいぶ昔のものなんですが、結局聞いてます。タイトルが顔文字って事で、当時話題になった「:-) And :-(」とか、ほのぼの系がいい感じです。「Sarotti」はうってかわって壮絶系です。
(1993、R&S)

Cafe Del Mar

 カフェ・デル・マーの季節です、夏がやってきます。これは泣く子も黙るっていうか寝てしまう、チルアウトのシリーズの名作Cafe Del Marの第一弾です。懐かしいです。「こんなの知ってる?」って感じで会社で上司に教えてもらったのが懐かしいです。当時考え方としてなかったっていうか、だいぶ新鮮だったように思います。
 レーベルはなんとReactから出てて、そのせい?か、最近のものに比べると、まだテクノっぽいかたい感じがして、そこがまた純朴な感じで、当時がしのばれます。
 この手は、どの曲が好き!って騒いでもしょうがないような気はしますが、Sun Electricがこんな芸風も!って感じの「Sundance」、Underworldのアンビエント?というちょっと珍しい「Second Hand」、歌が素敵なEstelleの「Estelle」が僕は好きです。
(1994、React)