Jam & Spoon : Remixes & Club Classics

 2006年のマーク・スプーンの突然の悲報はだいぶショックでした…え?!って感じで、どうする事もできない感じでした…結局こういう事は時間が解決してくれるみたいで、自分の中でほとぼりが冷めたので、このCDを買ってみました。他のアーティストの曲をリミックスしたCD1と、Jam & Spoonの曲の2枚組になっています。
 CD1のほうは、Jam & Spoonの最高のリミックスで、なおかつシーンを大きく変えたであろうAge Of LoveのThe Age Of Love (Watch Out For Stella Club Mix) が、やはり素晴らしいです。割と原曲のイメージに近いMobyのGo (Jam & Spoon’s Delirium Mix) は美しさアップで素晴らしいです。リミックスはレアなものが多く、Quincy JonesのBack On The Block (Club Trip Part One) 、Pet Shop BoysのYesterday, When I Was Mad (Jam & Spoon Mix) 、Frankie Goes To HollywoodのRelax (Jam & Spoon Trip-O-Matic Fairytale Mix) 、Marilyn MansonのThe Nobodies (Burn 36 Mix) 、Jam & Spoon ‘s Hands On YelloのYou Gotta Say Yes To Another Excess (Great Mission) なんかが聞いてて面白いのと、リミキサーとしてもJam & Spoonって人気があったんだなぁっていう事がしのばれます。
 CD2は、何と言っても入手困難だったFollow Me! が入ってるのがいいところです。12分にわたって美しいトランスの世界が繰り広げられます。3曲目のCan You Feel Itと4曲目のMy First Fantastic F.F. はミックスされていてiTunesなんかで聞くにはちょっと残念なんですが、なかなかのミックス具合です。
 CD2の目玉としてはBe.Angeled (Tribute To Mark Spoon) (Loveparade-Mix 2006) が、Jam & Spoonの色々な要素が色々入っていてメガミックス風なんですが、メガミックスによくありがちな安い感じではなく良くできています。ずっとファンだった方ほど思いを重ねられる良リミックスだと思います。もうどうにもならない事ではあるんですがマーク・スプーンがしのばれます…あ、あとJam & Spoonのアルバムはきちんと世界観ができているので、これから聞く方はこのベスト版だけではなく、アルバムもぜひ聞いていただきたいなぁって思います。

Richie Hawtin : Minus/Orange 1

 リッチー・ホウティンがYelloの「Oh Yeah」をリコンストラクトしたものです。「Minus/Orange 1」が2時間リピートで聞けるくらいかっこいいです。Plastikman的な暗さがないので、だいぶお気に入りです。もちろんミニマルです。
 確かシスコで絶賛していたので買ったけど、その時はイマイチで最近やっと聞くようになった一枚です。さすがテクノシスコって感じです。
(1998 M nus)